Threads(スレッズ)のアカウント登録5ステップ!インスタ連携時の注意点も解説

使い方

この記事では、Threads(スレッズ)のアカウント登録に必要な5つのステップや注意点について紹介します。

 

Threads(スレッズ)アカウントを登録するのはとても簡単!

 

ただし、アプリをダウンロードし、連動するInstagramアカウント決めなければ登録することは現時点ではできません。

まずは、Threads(スレッズ)特徴を理解し、発信を通して何を表現したいのか?見る専にするのか?しかるべきInstagramと連携するアカウントを選ぶことをおすすめしています。

この記事を通じて、Threads(スレッズ)の登録手順を理解し、注意点を把握してスムーズにアカウントを作成し、新しいSNSの世界を楽しんでくださいね。

※この記事は2023年7月24日現在の情報をまとめています。

Threads(スレッズ)アカウント登録ができるのはスマホアプリのみ

Threads(スレッズ)アカウントは、多くのユーザーがその実現を期待していますよね。

このように、PC版を使いたいユーザーさんは多いです。

結論から言うと、

Threadsのパソコン版は提供されていません。

2023年7月9日時点では、PCから閲覧することが可能ですが、いいね、コメントなどはできません。

パソコン版での最新情報はこちらの記事を参考にしてみてください。

Threads(スレッズ)はパソコンで使える?現状のやり方をまとめてみた

Threads(スレッズ)アカウントの登録手順を5ステップで解説

インスタグラムアカウントを持っている場合は、5ステップで簡単に登録することができます。

早速、手順を見ていきましょう。

1.Threads(スレッズ)アプリのダウンロード

まずは、App StoreやGoogle Playでアプリのダウンロードを行います。

スレッズアプリをダウンロード

2.連動するInstagramアカウントを選択する

前の章でお伝えした通り、Threads(スレッズ)のみでアカウントを作成することはできません。

連動させるインスタアカウントを選びましょう。

アカウントが複数ある場合は、「アカウントを切り替える」から、連携したいインスタアカウントを選択してください。

スレッズにログインする

3.プロフィールの設定

プロフィールの写真や文は、インスタから引き継ぐことができます。

インスタとは違ったThreads(スレッズ)のみのプロフィールを設定することも可能です。

設定が終わったら次へを押して次に進みましょう。

スレッズのプロフィール設定

4.フォローする人を選ぶ

連携したインスタアカウントでフォローしているアカウントを引き継ぐ事ができます。

「すべてフォロー」を選択した場合、相手がThreads(スレッズ)の公開アカウントを保持している場合はそのままフォローされ、非公開アカウントの場合はリクエストが送信されます。

また、相手のThreads(スレッズ)アカウントが存在しない場合は、参加したタイミングで自動的にフォローもしくはフォローリクエストが入るようです。

フォローを行わない場合は、何も選択せず「完了」をタップしましょう。

スレッズでフォローする人を決める

5.アカウントの公開範囲を選ぶ

Threads(スレッズ)ではアカウントの公開範囲を選ぶことができます。

インスタアカウントは非公開プロフィールでもThreadsでは公開プロフィールを選択することも可能です。

 

スレッズのプライバシー設定

以上で登録完了です。スレッズを始める

以上でアカウントの登録は完了です。

Threads(スレッズ)を登録するときの注意点

この章では、Threads(スレッズ)を登録するとき知っておきたい注意点を紹介していきます。

Instagramアカウントと連携しないと登録できない

2023年7月11日現在、最新の情報によると、Threads(スレッズ)を利用するには、現時点ではインスタグラムアカウントが必要です。

Threads(スレッズ)を使うにはInstagramアカウントを持っていれば、とても簡単に連携することができます。

間違ってインスタアカウントと連携したThreads(スレッズ)アカウントを作成してしまった場合は、こちtらの対処法を確認してみてください。

Threads(スレッズ)はインスタなしでできる?間違って連携した時の3つの対処法

Instagramと同様の機能が今のところない

Threads(スレッズ)はInstagramと同じMeta社が運営していますが、その機能には大きな違いがあります。

Threads(スレッズ)には以下のような機能はありません。

  • ハッシュタグ
  • 保存
  • DM
  • 予約投稿

InstagramやTwitterとは違い、検索機能が開発途上のように感じます。

私も実際にThreads(スレッズ)アカウントを作成し、使用していますが調べたい、集めたい情報をキーワードで検索できないのは、ストレスに感じますね。

Instagramのようなインサイト機能が今のところない

Threads(スレッズ)には、Instagram=インサイト、Twitter=アナリティクスのような分析ツールは2023年7月11日現在、確認できていません。

ユーザーの反応はいいねや返信でしか知ることができない仕様になっています。

  • リーチ数
  • アクションを実行したアカウント
  • フォロワーの推移

など、今後のアカウント運営をしていくうえでは必須の数値ですよね。

実装されることを切に願います。

アカウントの切り替えはログアウト後にしかできない

InstagramやTwitterでは、複数のアカウントを保持していても、タップや長押しなどでアカウントの切り替えが容易にできますよね。

しかし、Threads(スレッズ)はアカウントを切り替える際は、一度ログアウトした上で、アカウントの選択をする必要があります。

Androidの場合、特にログインするたびにInstagramアプリで承認を行う必要あるので、手間に感じられるかもしれません。

こういった、小さな工程であっても、ユーザーにとってストレスを感じやすいですよね。

 

まとめ

この記事では、Threads(スレッズ)の登録手順を5ステップで紹介してきました。

また、Threads(スレッズ)の登録前後の注意点もお話ししてきました。

Threads(スレッズ)の登録手順はInstagramアカウントを持っていればとても簡単にできますし、Instagramアカウントを持っていなくてもアカウントの作成は非常に簡単に作ることができます。

 

しかし、Threads(スレッズ)アカウント作成には、

  • Instagramアカウントと連携しないと登録できない
  • Instagramと同様の機能が今のところない
  • Instagramのようなインサイト機能が今のところない
  • アカウントの切り替えはログアウト後にしかできない

と、注意が必要です。

ぜひ、注意点を考慮し、Threads(スレッズ)アカウント作成してSNSを楽しんでみてください!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました